お得感満載のリース契約|複合機を安く導入する裏技

コスト削減を意識

通話する女性

契約すると購入よりも費用が安上がりになる

今や多くの会社において自分のデスクに一台のビジネスフォンが設置してあるのが当たり前の光景となっています。このビジネスフォンは仕事上の便利な機能を数多く搭載した電話機器のこと。大企業になればなるほど一時に多数の電話がかかってくる可能性があり、複数の回線を制御しながら然るべきデスクへと転送して繋いだり、あるいは内線にて違う部署の人と会話を交わすのにも便利です。しかしながらこれらのビジネスフォンを全て新規購入すると莫大な費用がかかってしまうもの。その点、リース会社を通じて導入すると、これらを借り受けることになりますので、購入するほどのお金がかからないことになります。その点、リースにすると比較的安い費用にて最新式のビジネスフォンを行き渡らせることが可能となるのです。

説明やメンテナンスや修理なども充実

ビジネスフォンは複数の外線を一台の受信機で制御できたり、内線で社内の人間同士で細かなやり取りができる意外にも、よく電話をかける相手の番号を記憶させたり、不在時の転送機能、さらには留守電などを設置することも可能です。 ただし毎日、朝から晩まで使う仕事上の必需品であることから、調子が悪くなったり故障することもあるでしょう。そういった時、リース契約をしているとすぐにメンテナンスを行ったり修理してもらえるなどのアフターサービス対応をしてくれるのも嬉しいところです。また、ビジネスフォンをリースにて導入すると最初の段階で詳しい使用説明を行ってもらえるなどのサービスが付随する場合が多く、ビジネスフォンの利便性をきちんと把握した上で使いこなすことが可能となることでしょう。