お得感満載のリース契約|複合機を安く導入する裏技

契約しよう

男性

ビジネスフォンのリース契約は安定

ビジネスにおける電話は仕事を呼び込むためのツールです。メールが普及した事で電話をする機会が減っています。しかしそれはプライベートに限る事であり、まだまだビジネスにおいて電話は主力です。ビジネスで新規の顧客が連絡をしてくる時、メールアドレスで文章を打つ人はほとんどいません。なぜなら製品についての理解が浅いため、聞く事がたくさんあるからです。メールで文章を打つよりも、電話で通話をした方が効率的と言えます。電話が利用され続ける以上、ビジネスフォンのリース契約の数は安定します。電話が使われなくなるのは、メールの方が便利だと判断されてからです。それは現状の技術で果たされる事は考えにくいため、ビジネスフォンの普及は今後も進み続けます。

費用は毎月徴収されている

しかしリース契約は購入と違い、時間経過に関わらず出費を求められます。利用料金を支払い続ける格好なので、どれだけ課金しても購入する事はできません。つまりビジネスフォンをリース契約している限り、経費として計上され続けるという事です。ビジネスフォンの購入をすれば、支払いについては回線費用だけになります。しかし同時購入するはずの交換器が、移転した場所で流用できるとは限りません。リース契約が支持されているのは、導入費用が安めだからだけでなく、移転時にも対応しやすいという面があります。リース契約と購入にはメリットとデメリットがあります。世間の風潮に流されず自社の状態や環境を考慮して、ビジネスフォンの導入方法を選ぶべきです。